Iライン脱毛を決意しても、何も着用せずに裸のまま施術をおこなうのか、足を大胆に広げておこなうのか、あるいは服装の指定があるのか、などの不安がまだまだ尽きないですよね。

あなたはIライン脱毛がどんな体勢や格好でおこなわれるか想像がつかない、それが原因で不安になっているのではないでしょうか。

そこでIライン脱毛をする場合は施術時の格好や体勢、脱毛サロンや医療クリニックに行くときの服装など気になるポイントをそれぞれまとめました。あらかじめどのようにIライン脱毛がおこなわれるか知っていれば不安がなくなり、前向きな気持ちでお手入れが受けられますよ。

Iライン脱毛をするときはどんな格好?着替えはある?

Iライン脱毛をするときの格好は、お店側が用意してくれた使い捨ての紙ショーツに履き替えておこなっていきます。

Iライン以外の箇所も脱毛をする場合は、着ている服を脱いで巻きタオルに着替えます。

中には、なにも履かない状態でIラインの施術をおこなうサロンもありますが、そのようなサロンはごく数件しかありません。大手の脱毛サロンであれば紙ショーツが用意されていることがほとんどなので安心ですよ。

脱毛サロンによって紙ショーツの形状は異なりますが、一般的にはお尻まで覆われているショーツタイプのものが多いです。中には苺や花柄がついた紙ショーツでおこなうサロンもあれば、Tバックタイプの紙ショーツが用意されている場合もあります。

医療クリニックの場合は、服を抜いでそのうえにタオルをかけるだけです。今では紙パンツが用意されている医療クリニックも増えてきているので、タオルをかけるだけというのが不安な人は着替えがあるクリニックを選んだほうがいいとおもいます。

ポイント

丁寧な脱毛サロンの場合、カウンセリングのときに「このような紙パンツを履いてIラインの施術をおこないます。」と説明してくれます。紙パンツが用意されているのか心配な場合は、事前カウンセリングのときに質問するといいでしょう。

Iライン脱毛はどんな体勢でおこなうの?

Iライン脱毛をするときの体勢は、ベットに横になってあおむけの状態でおこなっていきます。

施術中は片足は横に曲げてもう片足は伸ばしたままの状態で、その後足を組み替えて施術していくだけです。

施術をするときは紙パンツやタオルを機械が当たる部分だけずらすので、Iライン全体は見えません。

また施術者は女性なので恥ずかしい気持ちを理解したうえで接客してもらえます。「恥ずかしいかもしれませんがすぐ終わりますからね。」「なるべく見えないようにおこなっていくので大丈夫ですよ。」という優しい言葉をかけてもらえるので、気持ちが楽になることがほとんどです。

お手入れのときの体勢は、産婦人科の診察のように両膝を曲げて開脚するのではなく、片足だけを「くの字」のように折り曲げていくのでIラインが全部丸見えになることはありません。Iラインの施術時間は数分で終了するところがほとんどですので、あっという間に終わって拍子抜けする人が多いほどです。Iライン脱毛は恥ずかしい体勢で長時間我慢する必要がないので意外と気楽におこなえますよ。

Iライン脱毛はどんな服装でいっても大丈夫?

脱毛サロンや医療クリニックから「こういう服装で」という指定はとくにありません。

そのため制服やジャージ、あるいは仕事着でいってもいいほどです。全身脱毛をおこなう場合は全身を着替えて巻きタオルを着た状態で脱毛をおこなっていきますが、Iラインなどのデリケートゾーンだけの脱毛の場合、下の服だけを履き替えるので上の服はそのままです。スーツやワイシャツなどはベットに横になったときにシワになってしまうといけないので、気になる人は避けたほうがよいかもしれません。

Iライン脱毛の不安がぬぐえない人は無料カウンセリングへ

Iラインのムダ毛に悩んでいても、施術の格好や体勢が恥ずかしそうという理由からなかなか脱毛に踏み切れない人が多くいます。もちろん私も最初はそういう気持ちを持っていました。しかし実際にIライン脱毛を受けてみると、「案外恥ずかしくなかった」「こんなすぐ終わるならもっと早くIライン脱毛をすればよかった」という人がほとんどです。

脱毛はいきなり施術をするのではなく、まずは無料カウンセリングを受けて後日、Iライン脱毛のお手入れを受けるという流れになります。騙されたつもりでまずはカウンセリングにだけでも足を運んでみてはいかがでしょうか。

それでも躊躇するならその時点で辞退すればいいことですし、スタッフさんもやりたくなさそうにしている人に対して無理に脱毛をすすめてくることはありません。その逆にIライン脱毛をしたいけど恥ずかしい気持ちを抱えている人には背中を押す言葉をかけてくれます。確固たる決意がなくても脱毛サロンにさえいってしまえば、案外決意が固まるものですよ。