アンダーケアをしっかりおこなっていますか。女性のデリケートゾーンは、その名の通りとてもデリケートな部分なので、少しの刺激や摩擦が原因で黒ずみになります。

彼氏にIラインの黒ずみで引かれてしまう前に、正しい黒ずみケアをおこなっていきましょう。

Iラインが黒ずみになる原因はずばり肌への刺激

Iラインが黒ずみになってしまうのは、ずばり肌への刺激が原因です。おもに自己処理やパンティーの擦れ、ホルモンバランスの乱れなどが関係しています。

その中でもカミソリや除毛クリームを使った自己処理は、黒ずみができる大きな原因のひとつです。Iラインの粘膜付近が刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラノサイトという黒ずみの元になる成分が排出されます。

このメラニン色素が、色素沈着をおこすと黒ずみとして見えてしまいます。さらに自己処理を頻繁におこなうことで、Iラインの黒ずみがより悪化するでしょう。

Iラインは体の中でもとくに皮膚が薄い部分なので、少しの刺激でも黒ずみになりやすいです。

こまった

キレイになるためにムダ毛の処理をすればするほど、どんどん黒ずみを作る原因になるという皮肉な結果になってしまいます。

Iラインのムダ毛処理は埋没毛の原因にも

Iラインのムダ毛の自己処理は、黒ずみだけでなくて埋没毛の原因にもなります。埋没毛とは皮膚が覆い被さり表面に出てこない毛のことです。

埋没毛になると黒いボツボツが見えてしまったり、症状が悪化して毛嚢炎にかかり赤いブツブツができてしまったりと、Iラインの見た目が非常に悪くなります。埋没毛になった場合は、なるべくアンダーヘアのお手入れを避けてください。

Iライン脱毛で黒ずみを予防

Iライン脱毛をすることで自己処理の必要がなくなるため、黒ずみを防ぐことができます。また自己処理をすると肌を傷つけてしまって炎症をおこすリスクがありますが、脱毛サロンの施術であればプロがおこなってくれるので肌トラブルをおこす心配もありません。

Iライン脱毛をして自己処理から卒業して、これ以上黒ずみを悪化させないようにしましょう。Iライン脱毛をまだしていない人は、「Iラインの脱毛は後悔しない?【男の子の意見も聞いてみた】」も合わせてご覧ください。おすすめの脱毛サロンをランキングで紹介しています。

とはいえIライン脱毛をおこなっただけでは、今まで蓄積された黒ずみは改善しません。Iライン脱毛と併用して、黒ずみの改善としてケアをおこなうことが大切です。

Iラインの黒ずみを改善する方法

じつは、Iライン脱毛をしてムダ毛が減っていくと、「黒ずみが気になるようになった」という女性がとても多いです。今までムダ毛で隠れていたIラインが、脱毛をすることで丸見えになりますからね。

しかし、厄介なことにこの黒ずみは放っておいても治りません。黒ずみを治すには、正しいケアをおこなう必要があります。

ビタミンの摂取で身体全体の黒ずみを緩和していく方法もありますが、ピンポイントにIラインだけの黒ずみが改善されるわけではないのでかなりの時間がかかります。

Iラインの黒ずみだけを集中的に改善したいのであれば、デリケートゾーン専用の美白クリームを使用するのがおすすめです。

デリケートゾーン専用の美白クリームで黒ずみ改善

デリケートゾーン専用の美白クリームは、トラネキサム酸の成分で黒ずみの元になるメラニンを抑えながら、グリチルリチン酸の成分で肌の調子を整えていきます。

このトラネキサム酸の成分は、厚生労働省にも認可されている美白成分です。ということは、効果・効能が認められている医薬部外品となるため、黒ずみ改善への期待が持てます。

ポイント

デリケートゾーン専用の美白クリームを選ぶなら、「美白成分が含まれている(トラネキサム酸)」「炎症を抑える成分が含まれている(グリチルリチン酸)」が含まれている製品を選びましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを改善したい場合は、必ず陰部に使用できる製品を選びましょう。通常の美白クリームでは、デリケートゾーンには刺激が強いので逆効果になってしまいます。黒ずみが以前よりも悪化してしまう恐れがあるので、正しくケアをおこなうなら刺激が抑えられているデリケートゾーン専用の製品を使用することが重要です。
おすすめは黒ずみ改善イビサクリーム


医薬部外品であるイビサクリームは、美白成分のトラネキサム酸と、炎症を抑えるグリチルリチン酸が含まれているので黒ずみ改善に有効だといえます。

合成・着色料・アルコール一切不使用で、天然成分だけで作られているからこそ、デリケートゾーンに使用できます。日本製で肌との相性も良いですし、28日間の返金保障が付いているので安心して使い始められます。黒ずみを改善するならイビサクリームがおすすめです。

ゆっくり黒ずみを改善するならジャムウ石鹸がおすすめ

今すぐ黒ずみを改善したいならイビサクリームですが、ゆっくり根本的な黒ずみケアをするならデリケートゾーン専用の石鹸をおすすめします。

デリケートゾーン専用の石鹸は、黒ずみに優しく作用しながら、膣外部で繁殖した雑菌を洗い流すことができるため、気になるニオイも一緒に改善されます。デリケートゾーンの黒ずみのほか、ニオイでも悩んでいるならデリケートゾーン専用の石鹸がベストです。

デリケートゾーン専用の石鹸のLCジャムウ・ハーバルソープは、ニオイ・黒ずみケアに最適な石鹸です。通常のボディーソープや石鹸とは違い、防腐剤・安定剤が使用されていないうえ、すべて天然素材だけで作られているのでデリケートゾーンに使用しても安心です。

Iラインの黒ずみ解消するなら自己処理は絶対にNG

Iラインの黒ずみを改善するには、やはり自己処理をやめることが前提条件になります。肌に刺激を与え続けると、だんだん黒ずみが悪化して元のきれいな肌に戻らなくなるかもしれません。

Iラインのムダ毛が気になる人はやはり脱毛をおこなうのがベストではないでしょうか。脱毛さえおこなってしまえば、もう自己処理をする必要がなくなりますからね。

また黒ずみはそのままにしておいても治りません。海外ではすでに当たり前になっていますが、顔と同じようにデリケートゾーンも日常的にケアをおこなうことが大切です。パートナーに真っ黒なIラインを見られて恥ずかしい思いをする前にきちんと黒ずみケアもしておきましょう。

デリケートゾーンの脱毛ならミュゼにいくのが正解!
12月31日までのミュゼの「全身脱毛コースバリュー」のスタンダードDプランなら、VラインIラインとOライン(ヒップ奥)のセットでVIOラインが500円で脱毛できます。

正直、ヒートカッターやシェーバーで自己処理するより安い…

黒ずみや埋没毛で「あそこが汚くなるリスク」を考えるなら、ミュゼのキャンペーンで気軽に脱毛してしまいましょう。

>> ミュゼの公式サイトはこちら