「Iライン脱毛って、粘膜に生えてる毛も脱毛してもらえるの?」

基本的にIラインの脱毛は、粘膜までになります。

残念ながらIラインの粘膜上は脱毛してもらえないケースがほとんどですが、粘膜上はそこまでムダ毛が生えていない人が多いですから、粘膜までの脱毛でも十分満足できます。

Iライン脱毛を検討しているなら、「そもそも粘膜ってどこ?」という基本的なことから、「なぜ粘膜上の脱毛がおこなわれないのか」という具体的なことまでを理解していきましょう。

Iラインの粘膜ってどこの部分?

Iラインの粘膜とは、内側の湿った部分(図のピンク部分)のことをいいます。

しかしIラインは自分の目でみて確認するのが難しい部分になりますよね。すこし抵抗を感じるかもしれませんが、実際にIラインを触ってみて湿っている部分が粘膜だと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。ちなみに湿っていない部分は皮膚になるので、粘膜ではありません。

Iライン脱毛の施術範囲

Iラインの脱毛範囲は、外側が「ナプキンのあたる部分」、内側が「粘膜まで」が一般的になります。

これはミュゼプラチナムのIラインの範囲になりますが、ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックがこの範囲になります。

そう聞くと、粘膜上の脱毛はできないのと思われるかもしれませんが、粘膜上は色素沈着を起こしており火傷のリスクが高い部分になるため、脱毛がおこなえないところがほとんどです。

どうしても粘膜まで照射したいときは、施術スタッフさんに粘膜ギリギリまで脱毛をしてほしいということを伝えるといいですよ。肌の状態に問題がなければ粘膜ギリギリまでIライン脱毛をしてもらえます。

また粘膜や粘膜付近は施術時に強い痛みがありますので、痛みが苦手な人はIラインの粘膜から1mm離れたところまでの施術にしてもらいましょう。

粘膜のIライン脱毛は危険!?

Iラインの粘膜部分は非常にデリケートなので、お手入れの難易度がとても高いです。施術がおこなえる医療クリニックや脱毛サロンでも、通常よりも低い出力での施術になるため完全にムダ毛がなくなるまでに何度も通う必要があります。

またIラインの粘膜部分は色素沈着している場合が多く、通常の皮膚よりも熱が伝わりやすいので火傷を起こすリスクが高くなります。

Iラインの粘膜部分を火傷すると、皮膚が剥がれてしばらく性行為がおこなえなくなりますし、治療方法がステロイド剤(塗り薬)のみになるので、火傷の跡が残ってしまう可能性すらあります。

ポイント

Iラインの粘膜部分はリスクが高いですし、トラブルが起きた時のダメージが非常に大きいので避けるのが無難です。

Iラインの粘膜部分まで脱毛をしないとTバックを履いた時にムダ毛がはみ出る?

Iラインの粘膜上を脱毛しなくても、Tバックを履いたときにムダ毛がはみ出ることはありません。またIラインの粘膜上にはあまりムダ毛が生えないので、そこまで気にならないとおもいます。

日常生活を問題なく送れるのであれば、わざわざリスクが高い粘膜上まで脱毛をする必要はないですよね。それこそ肌トラブルが起きたときに日常生活に支障が出る恐れがあるので、Iラインの粘膜上の脱毛はおこなわないほうがいいのです。

まだIライン脱毛をしていない人は、トップページを合わせてご覧ください。おすすめの脱毛サロンをランキングで紹介しています。

どうしても粘膜上までIライン脱毛をしたい

ここまで粘膜上の脱毛をしないことを前提に話をすすめてきましたが、リスクを承知のうえでどうしても粘膜上のIライン脱毛をしたいのであれば「リゼクリニック」をおすすめします。

リゼクリニックならあらかじめリスクを説明してもらえるだけでなく、火傷などのトラブルが起きた場合の保証が無料です。火傷などのトラブルが起きた場合にもきちんと対処してもらえるので、リスクが最小限に抑えられています。

粘膜上のIライン脱毛をするなら「Iラインを医療レーザー脱毛するならおすすめは?」も合わせてご覧ください。医療レーザー脱毛の基本的な知識と、リゼクリニックを含むおすすめの医療クリニックを紹介しています。

ただし粘膜上のIライン脱毛がおこなえるのはリゼクリニックのみになります。その他の医療クリニックでは、粘膜上のIライン脱毛をおこなっていないため、くれぐれも選択しないようにしてください。

デリケートゾーンの脱毛ならミュゼにいくのが正解!
12月31日までのミュゼの「全身脱毛コースバリュー」のスタンダードDプランなら、VラインIラインとOライン(ヒップ奥)のセットでVIOラインが500円で脱毛できます。

正直、ヒートカッターやシェーバーで自己処理するより安い…

黒ずみや埋没毛で「あそこが汚くなるリスク」を考えるなら、ミュゼのキャンペーンで気軽に脱毛してしまいましょう。

>> ミュゼの公式サイトはこちら