Iライン脱毛の範囲はどこまで?粘膜も脱毛できる?

Iラインの脱毛範囲

基本的には、Iライン脱毛の範囲は「ナプキンがあたる部分から粘膜まで」になります。

中には、Iライン粘膜の脱毛ができる脱毛サロンもありますが、かなり強い痛みがあるうえ、火傷などの肌トラブルを起こすリスクがあるためおすすめしません。

Iラインの粘膜上に、あまりムダ毛が生えていないので、粘膜までの脱毛でも十分満足できますよ。

111

Iラインの粘膜ってどこの部分?

Iラインの粘膜

陰部の粘膜とは、Iラインの内側の湿った部分となります(図のピンク部分)。触ると少し湿っている感じがする箇所が粘膜の部分です。

Iラインの粘膜は皮膚ではありません。皮膚よりも層が薄くなるので、粘膜を脱毛するクリニックやエステサロンは非常に少ないです。基本的には、皮膚の部分の脱毛部分しているサロンやクリニックが多いです。

Iライン脱毛の施術範囲

Iライン脱毛の範囲

Iラインの外側の施術範囲は、「ナプキンがあたる部分」となります。内側の施術範囲は、「粘膜まで」となるケースが多いです。

粘膜部分は、ムダ毛が生えずらい箇所となるので粘膜までの脱毛でも十分満足することができます。どうしても粘膜まで照射したい場合は、施術スタッフさんに「粘膜ギリギリまで脱毛をしてください。」と伝えましょう。

肌の状態に問題がなければ、粘膜ギリギリまでIライン脱毛をしてもらうことができます。

ただし、粘膜付近は施術時に非常に痛みがあります。痛みが苦手な場合は、Iラインの粘膜から1mm離れたところで施術をしてもらうのがおすすめです。

粘膜のIライン脱毛は危険!?

Iラインの粘膜部分は、非常にデリケートな箇所になるので施術の難易度が非常に高いです。

施術がおこなえるクリニックやエステサロンの場合でも、通常よりも低い出力での施術になるので、完全にムダ毛がなくなるまでに多くの回数が必要になります。

また、Iラインの粘膜部分は色素沈着をおこしている箇所なので、通常の皮膚よりも熱が伝わりやすく、火傷を起こすリスクがかなり高いです。

Iラインの粘膜部分が火傷を起こすと、皮膚が剥がれてしばらく性行為がおこなえなくなるうえ、治療方法がステロイド剤(塗り薬)のみとなるので火傷の跡が残る可能性もあります。

Iラインの粘膜部分は、かなりリスクが高いですし、トラブルが起きた時のダメージが非常に大きいので避けるのが無難です。

jbajb

Iラインの粘膜部分まで脱毛をしないとTバックを履いた時にムダ毛がはみ出る?

Iラインの粘膜部分は、皮膚で覆われているので、Tバックを履いてもムダ毛がはみ出ることがありません。Iラインの粘膜部分にはあまりムダ毛が生えないので、そこまで気にならないと思います。

日常生活を問題なく送れるのであれば、わざわざリスクが高い粘膜上まで脱毛をする必要はないですよね。それこそ、肌トラブルが起きた時に日常生活に支障がでる恐れがあるので、Iラインの粘膜上の脱毛はおこなわないほうが良いでしょう。

最終更新日:2016年12月10日

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ