Iライン脱毛は恥ずかしい?濡れない?知っておきたい施術手順

Iライン脱毛は恥ずかしい?濡れない?

デリケートゾーン脱毛って恥ずかしくない?そう思ってはいませんか。とくにIラインは見られたくない部分ですよね。

しかし、実際にデリケートゾーンの脱毛を受けてみると、「意外と恥ずかしくなっかった」このように拍子抜けする人が多いようです。

その理由は、サロンの施術方法にあります。アンダーヘアの脱毛をする際は、多くのサロンが紙製の使い捨てショーツが用意されていて、デリケートゾーンを隠しながら脱毛してくれます。なので、Iラインが丸見えという事態は避けられるのです。

実際の体験談をふまえて、デリケートゾーン脱毛の施術の流れについて詳しく解説していきます。

Iライン脱毛は恥ずかしくない?施術方法

Iライン脱毛は恥ずかしい?

Iライン脱毛は、紙ショーツを履いてお手入れをおこなっていくことがほとんどです。中には、自前のパンツでそのまま脱毛をする脱毛サロンもありますが、これは極まれなケースです。紙ショーツが用意されていることのほうが圧倒的に多いので、Iラインが丸見えなんていう自体は避けられます。

では、具体的にどのようにIラインの施術がおこなわれるのか気になりますよね。そこで実際のお手入れの流れを説明していきます。

Iライン脱毛の5つの施術手順

施術室、または更衣室で紙パンツをはく

もちろん、着替えるときにサロンスタッフさんはいません。デリケートゾーン以外の箇所の脱毛する場合は巻きタオルも用意されていて、上半身の服も着替える場合があります。

施術用のベットに横になってタオルをかけてスタッフさんを待ちます

紙ショーツのみの状態だと恥ずかしさを感じると思いますが、全身にタオルをかけて待つのでこの時点でもそこまで恥ずかしくはありません。そのままリラックスした状態でスタッフさんを待ちます。

Iライン部位を脱毛する際は片方ずつ足をひらく

片方の足を横に開いた状態で施術をおこなっていきます。紙ショーツを少しだけずらして皮膚や粘膜の部分だけを出しておこなっていくので、Iラインが丸見えにならないように配慮して施術をしてくれます。

産婦人科の検診のときのようにM字開脚の状態で、脱毛の施術をおこなうのは抵抗を感じるとおもいますが、片方ずつ足を開いておこなうのでそこまで恥ずかしくありません。

ジェルを塗布して施術を開始

Iライン脱毛の場合は5分程度で、VIOすべての脱毛をした場合でも10~15分程度で施術が完了します。最近のサロンは、ジェルを使用しないで施術ができるところもあります。ジェルなしの脱毛サロンの場合、施術時間がより短縮されるので、あっという間に施術が終わります。

施術箇所を冷やして脱毛完了

最後に、脱毛によって熱を持った肌を冷やして施術が完了となります。エステサロンによっては保湿ケアをしてもらえるところもあります。

施術時間や手順は脱毛サロンによって少し変わってきますが、上記の流れが基本的な施術の流れになります。施術時間の短さは、脱毛サロンの手際の良さにもあります。とても、手際よく施術をおこなってくれるので、恥ずかしいと感じることなくIライン脱毛が完了するのです。

111

みんなは恥ずかしくなかった?Iライン脱毛を受けた人に聞いてみた

Iライン脱毛をした人を対象にアンケートをおこなったところ、ほとんどの人が思ったよりも恥ずかしくなかったと回答しています。

  • 最初はかなり恥ずかしかったけど、スタッフさんが優しかったから大丈夫だった
  • 5分くらいであっという間に終わったから、思ったよりも恥ずかしくなかった
  • 恥ずかしいと思ったのは最初の1分だけだった
  • 3回くらい脱毛をしたらかなり慣れました。今では平気です。

このように最初は恥ずかしいようですが、そこさえ乗り越えればあとは大丈夫なようですね。Iラインの自己処理を続けていては、肌を傷めたり、黒ずみになったりするので勇気を出して脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

事前のIラインの自己処理で恥ずかしくない

Iライン脱毛は、ムダ毛を剃って短くした状態で施術をおこなっていきます。

そのため、事前にIラインの手入れをしてから通えば恥ずかしくはありません。

脱毛サロンは、事前に手入れをして通うお店と、事前に手入れをしなくても通えるお店があります。サービスの良いお店だと、事前処理をしなくても通えるので楽です。ですが、そういったサロンでも手入れをしてはいけないわけではありません。

毛量が多くて人に見られるのが恥ずかしい人でも、自己処理をしていけば問題ありません。ただし毛抜きによる事前処理ではなく、ヒートカッターやシェーバーなどによる剃毛による処理にしましょう。

Iライン脱毛は濡れてしまわない?

「Iラインの施術中に濡れてしまわないか?」と、不安に思っている女性が多いですが心配はいりません。

光やレーザーを照射する前に、冷却用のジェルを塗布してIラインの施術をしていくので、濡れていてもエステスタッフさんに気づかれることはありません。実際に私も、Iラインの施術中に濡れている感覚はなかったので不安にならなくても大丈夫ですよ。

Iラインや下着に触れられたくない

Iラインの部位や下着に直接触れられることはありません。

スタッフさんは、デリケートゾーンの脱毛をするときに、薄手の使い捨ての手袋をつけて施術をおこなっていくので、直接肌に触れられることはありません。また、ほとんどの脱毛サロンでは、使い捨てのショーツを履いて施術をおこなっていくので、 自分の下着をつけたままIライン脱毛をおこなうことはないので安心です。

最初のうちは、私もIライン脱毛を受けることに抵抗を感じていましたが、サロンにいってしまえば後はされるがままって感じで5分ほどでさっと脱毛が終わりました。スタッフさんは日常的に脱毛の施術をしているので、良い意味で事務的に流れ作業のようにおこなわれます。

恥ずかしい気持ちよりも、綺麗になりたい気持ちのほうが大きいですよね。思ったよりも恥ずかしくないので勇気を出してIライン脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2016年12月7日

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ