Iライン脱毛と粘膜について

Iラインの毛は自分では処理しずらく、悩んでいる人も多いと思います。そのせいか、最近では料金も安く、肌に優しい脱毛サロンを利用し、Iラインの脱毛を行っている人が増えてきています。

そして、実際Iラインの脱毛を考えた時、粘膜の部分はどうなるのか気になる人もいるでしょう。一体、Iラインを脱毛する時サロンでは、粘膜部分をどのようにしているのでしょうか。

Iライン

粘膜ギリギリまで処理が可能

女性のデリケートゾーンは、体の中でも特に敏感で皮膚が薄く、その中でも粘膜は傷つきやすいので、処理の際に痛くないかとても心配になります。

しかし、実際は、粘膜の部分は赤黒いため、直接光を当てることが出来ません。だからといって、粘膜には毛がたくさん残ってしまうのかというとそうではありません。

実は、粘膜にはほとんど毛がないため問題ないのです。反対に、粘膜の周りに生えている毛に関してはギリギリまできれいに処置ができるので、心配もいりません。粘膜はしっかり保護し、周りの見える部分はしっかりきれいに脱毛してもらえます。

参考記事「Iライン脱毛の範囲はどこまで?粘膜も脱毛できる?

Iライン脱毛は安全か?

いくら知識のあるプロが処置するとはいえ、デリケートな場所なので、不安を感じる人も少なくないでしょう。しかし、その心配はありません。他の部位以上に入念なケアを行い、粘膜の部分には光が当たらないようにしっかり管理をしてくれます。

また、事前のカウンセリングなどで一人ひとりの肌の状態や毛の太さ・濃さなど確認し、それぞれに合った方法を選んで施術を行いますので、痛みに弱い方や肌のデリケートな方でも安心して施術を受けることができます。

自己処理の危険性について

いくら専門家だからといって、デリケートゾーンを人に見せるのには抵抗があると思います。だからといって、Iラインを自分で処理するのは絶対におすすめできません。Iラインの自己処理はとても難しく、肌を傷付けたり、色素沈着をおこしたり、とにかくリスクが多く危険です。

だからといって、身近な人に処理を頼むのも同じように危険です。知識のない人に処理を頼んだとしても、結局はうまくできず危険も伴います。

Iラインをはじめデリケートゾーンは、体の中でも特に皮膚が弱く傷が付きやすい部分です。一度傷つけてしまうと、また次の自己処理で同じ部分を悪化させてしまいます。

また、ばい菌などが入る可能性もありとても危険です。自分で無理に処理をして傷を付けてしまう前に、脱毛サロンなどでしっかり安全にきれいにしてもらうことをおすすめします。サロンで処理をしてもらいましょう。

Iラインの脱毛サロン選びは「Iラインの脱毛は後悔しない?【男の子の意見も聞いてみた】」を参考にしてください。

最終更新日:2016年12月7日

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ