Iライン脱毛の時の格好や体勢ってどんな感じ?

Iライン脱毛の格好や体勢

Iライン脱毛は、紙ショーツやタオルなどで隠しながらおこなうので、できる限りデリケートな部分が見えないようにおこなわれます。

脱毛経験のない人は「デリケートゾーンの脱毛をするときの格好が気になる」と不安に思う女性が多いのですが、Iライン全体がみられてしまう心配はありません。

すべての脱毛サロンとは言い切れませんが、少なくとも大手の脱毛サロンであれば紙ショーツを用いて隠しながらIライン脱毛をおこなってくれるので安心です。

Iライン脱毛の格好は?

vio
Iライン脱毛をするときの格好は、お店側が用意してくれた使い捨ての紙ショーツに履き替えておこなっていきます。

Iライン以外の箇所も脱毛をする場合は、来ている服を脱いで巻きタオルに着替えます。

中には、なにも履かない状態でIラインの施術をおこなうサロンもありますが、そのようなサロンは数件しかないので心配いりません。大手の脱毛サロンであれば、紙ショーツが用意されていることがほとんどなので安心です。

脱毛サロンによって紙ショーツの形状は異なりますが、一般的にはお尻まで覆われているショーツタイプのものが多いです。中には、苺や花柄がついた紙ショーツでおこなうサロンもあれば、Tバックタイプの紙ショーツが用意されている場合もあります。

丁寧な脱毛サロンの場合、カウンセリングのときに「このような紙パンツを履いてIラインの施術をおこないます。」と説明してくれます。紙パンツが用意されているのか心配な場合は、事前カウンセリングのときに質問すると良いでしょう。

111

Iライン脱毛の体勢は?

Iライン脱毛の体勢

Iライン脱毛をするときの体勢は、ベットに横になってあおむけの状態でおこなっていきます。

Iラインの施術がおこないやすいように、片脚は伸ばしたままで、もう片方の脚は横に曲げます。片側の処理が終わったら、反対の脚も同じように施術をおこなっていきます。

Iライン脱毛の体勢
Iラインの施術をするときに紙パンツを少しずらしますが、粘膜のところまでしかずらさないのでIライン全体はみえないように配慮しておこなってくれます。

また、施術はおこなうのは女性スタッフなので安心です。同性なので恥ずかしい気持ちを理解したうえで接客してくれるので、「恥ずかしいかもしれませんがすぐ終わりますからね。」「なるべく見えないようにおこなっていくので大丈夫ですよ。」などの優しい言葉をかけながら脱毛をおこなっていただけます。

Iライン脱毛はどこまで脱毛できる?

Iラインの脱毛は、基本的には粘膜までの脱毛となります。

粘膜の部分は、色素沈着がみられることが多いので脱毛をおこなっていないサロンが多いです。サロンやクリニックによって脱毛の範囲が異なるので、事前カウンセリングで脱毛の範囲までしっかり聞いておくと良いでしょう。

ちなみに、Iラインの脱毛はできる範囲まですべて脱毛する人が多いです。「Iラインの脱毛は後悔しない?【男の子の意見も聞いてみた】」でも紹介していますが、男性にとってもIライン部位の毛はなくても良い部分になりますし、女性にとっても水着やショーツを履いたときにはみ出てしまう心配がなくなります。

実際、私はIラインの毛を少し残して脱毛したのですが、あとになってみると全部脱毛しておけばよかったと後悔しました。残っているIラインのムダ毛が伸びてきたときに手入れが必要になるので、Iラインはすべて脱毛するのをおすすめします。

最終更新日:2016年12月10日

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ